五月人形 次男

五月人形を次男に買う時にはどうしたら良いか

男の子が生まれたら五月人形の購入を考えると思いますが、男の子の兄弟がいるご家庭では、五月人形は長男が生まれるときに購入して、それを毎年飾っているのではないでしょうか?

しかし、五月人形は我が子の健やかな成長を祈り、その子の厄を背負ってくれるお守りとして飾るものなので、実は一人一人必要なのです。

では、用意する五月人形は兄弟全て同じものを用意するのでしょうか?

ここでは、五月人形を次男や三男に買う時にはどうしたら良いかについてご説明していますので、参考にしてください。


五月人形は、昔は長男だけに用意されたものだったそうです。
昔は、長男は後継ぎとされ、非常に大事に扱われていたので、五月人形も長男のためだけに用意されていたようです。

しかし今は、何番目に生まれても分け隔てなく愛情を受け、育てられていますよね。
男の子のが何人いてもそれぞれがかわいく、愛おしく、みんな健康に育ってほしいと思うものです。
したがって五月人形も、その子の健やかな成長を祈り、またその子の厄を背負ってくれるお守りとして、1人づつ必要なものなのです。

しかし、家庭によっては、置くスペースがないなど、いろいろな事情もあると思います。

一般的には、二男や三男には長男よりも小さめのサイズのものを購入するようです。
もちろん可能であれば、長男と同じものを購入してあげるのもいいですね。

肝心なのは、サイズや見栄えの豪華さではなく、その子の厄を背負ってくれるその子の五月人形を用意してあげることです。

また、長男より次男や三男の五月人形を劣ったものにしておくと、長男が次男や三男のことを大事にするとも言われています。


五月人形は決して安い買い物ではないので、男の子の多いご家庭では人数分用意してあげることが難しい場合もあると思いますが、無理のない範囲で小さくてもその子の五月人形を用意してあげて下さいね。

おすすめの五月人形販売店をご紹介!

五月人形を探したいけど、どこで選べばいいかわからない!
そんな方のために、おすすめの五月人形販売店をランキングでご紹介しています。

おすすめ五月人形ランキングを見る


五月人形関連情報